0

ダレノガレ明美、デビュー前間宮祥太朗がナンパから助けてくれた「めちゃくちゃ偶然」

モデルのダレノガレ明美が、26日放送のカンテレ・フジテレビ系バラエティー番組『華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!』(毎週火曜よる10時~)に出演。芸能界デビュー前に、俳優の間宮祥太朗に偶然助けてもらったことがあることを告白した。

ダレノガレ明美、しつこいナンパから助けてくれた見ず知らずの男性と再会

「びっくりすると思います」とダレノガレが話し始めたのは、芸能界デビューの9年前、素人時代の話。ダレノガレが街で人を待っていると、しつこいナンパにあったのだという。断ったものの、あまりにもしつこく誘ってくるため、思い切って近くにたまたまいた男性に、「彼氏のフリをしてくれませんか」とお願いをしたというダレノガレ。すると、男性は突然のお願いに戸惑いながらも、ナンパしてきた男に「俺の彼女だけど、なんか用?」と言うことで、ダレノガレを助けてくれたのだそう。

それから7年後の2018年、芸能界で活躍するようになったダレノガレが、某バラエティ特番の打ち合わせにいくと、共演者の俳優から「俺のこと覚えてる?」と質問が。最初は覚えていなかったものの「俺の彼女だけど、なんか用?」とフレーズを言われて7年前のことを思い出し、びっくり。ナンパから助けてくれたまさにその相手が、なんと俳優の間宮だったと告白した。

ダレノガレ明美「只者じゃない」と胸を射抜かれた

偶然すぎる出会いに、スタジオも驚いたこのエピソード。ダレノガレも「めちゃくちゃ偶然」と運命的すぎるこの間宮との出会いを振り返り、助けてもらった日のことを「何も言わず、(ナンパが)来た瞬間に」彼氏のふりをしてくれた、とうっとり。「何このひと…!」とその「只者じゃない」王子様ぶりに胸を射抜かれたことを目をハートにして告白していた。