潮に船をたてず、風に任せて流すドテラ流しは、どんな場面で有効なのか?高松沖での例を紹介します。周りに船がいなかったので一人でずっとしゃべって、しゃべりながら最後に魚釣ります。どういう理屈で考えて釣ってるか、興味がある方はごらんいただければと思います。