大阪・西区の住宅街にあるマンションの1室で、エステ店を装って男性客に対し違法に性的なサービスを行ったとして、経営者の男ら2人が逮捕されました。

逮捕されたのは、大阪・西区北堀江にあるメンズエステ「隠家」の経営者、永井良知容疑者(47)ら2人です。
警察の調べによりますと、永井容疑者らは、ことし8月、法律で風俗店の営業が禁止されている地域にある住宅街のマンションの1室で、50代の男性に対して違法に性的なサービスを行ったとして、風俗営業法違反などの疑いが持たれています。
調べに対し、永井容疑者ら2人は容疑を認めているということです。
警察によりますと、店は「メンズエステ」と称してホームページやSNSで客を募っていて、ホームページでは、従業員の女性が「セラピスト」として紹介されていたということです。
また、最近では紹介を受けた客だけを対象にしていたということです。
現場は、地下鉄の駅のすぐ近くにあるマンションが建ち並ぶ住宅街の一角で、警察は違法な営業が発覚しないよう場所を選んでいたとみて実態を詳しく調べることにしています。